ネクストデザイン有限会社

DDBuilder Webアプリケーション画面例

以下は、上記例のドメインモデル (Java 実装コード) から生成された Webアプリケーションの説明です。

Eclipseから Webアプリケーションとして起動した後、Chrome ブラウザからアクセスした時の画面です。

なお、Eclipseへのインポートや起動方法の詳細は「開発の流れ」を参照してください。


ホーム画面

例えば、http://localhost:8080/myapp/ にアクセスします。(myapp は DDBuilder の操作画面で指定したアプリケーションの名前です)

ホーム画面として、3つのボタンを持つ画面が表示されます。

ホーム画面

例えば、ドメインクラス一覧ボタンをクリックすると、次のようなドメインクラス一覧画面が表示されます。

ドメインクラスの一覧画面

ここで、製品 Product 等のリンクをクリックすると、当該クラスのインスタンスの追加、更新、削除ができる画面が表示されます。

所謂、マスターメンテナンス画面のような操作ができます。

新規登録・編集・削除画面

次画面は、製品「イス」の「編集」リンクをクリックして、製品名を「ソファ」に変更している例です。

編集画面

ホーム画面でサービス一覧ボタンをクリックすると、サービスメソッド一覧画面が表示されます。

定義されているサービスメソッドの一覧が表示されます。

サービスの一覧画面

上の画面の「実行」リンクをクリックすると、サービスメソッドの実行画面が表示されます。

サービスメソッドの実行画面

ここで、サービスメソッドに渡す引数を指定します。

サービスメソッドの引数を指定画面

次に、サービス実行ボタンを押下すると、サービスメソッドが実行されて、結果が表示されます。

このサービスメソッドは、結果を無条件にString型で返却しているだけです。

下の画面の「完了。中央倉庫 → 西倉庫…」の部分が実行結果です。

サービスメソッドの実行結果画面


(補足)

上の例では、最初にテスト用のデータ (インスタンス) が登録されています。(ベッド、イス、中央倉庫、西倉庫)

自動生成しただけでは、テスト用のデータは準備されません。

最初にテストデータを準備したい場合は、サービス層の TestDataService.java の処理内容を編集してください。

mycom.service.g.TestDataService.java のメソッドを下のソースコードと同じにします。

テストデータ登録サービスクラスのサンプルコードはこちらをクリックしてください。

TestDataService.java を編集したら、Web アプリケーションを起動して、ブラウザでアクセスします。

ホーム画面の「テストデータ追加」ボタンを押下すると、このサービスが実行され、テストデータが登録されます。

もしもホーム画面の「テストデータ追加」でIDとパスワードを求められた場合は、IDとパスワードともに「aaa」でログインできます。